貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2018/11/1
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報

テキスト
「合格教本」



Amazon:合格教本


過去問題集


Amazon:過去問題集



管理者紹介
法律系資格総合サイト
予想問題

第1回〜第5回

Contact us
貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





第5版 貸金業務取扱主任者 合格教本」の補足・訂正

「第5版 貸金業務取扱主任者 合格教本」(平成29年6月21日発行)の補足・訂正(法改正を含む)に関するページです。

※第4版の合格教本(平成27年6月24日発行)をお持ちの方→こちら

 補足

 以下、補足事項を掲載しています。
 一度、目を通しておくと、より安心して試験に臨むことができます。

過去問解説

過去の出題内容一覧

※ 試験対策として過去問を解くことは重要です。

例題解説

例題解説(全10問、ブログ掲載)

※ 指定試験機関(日本貸金業協会)が第1回試験の実施前に公表した例題を独自に解説しました。


 法改正による訂正

 平成30年度の貸金業務取扱主任者資格試験に関係のある法改正がありました。

消費者契約法の取消権の行使期間

※ 法改正前は、消費者契約法では、「取消権は、追認をすることができる時から6か月間行わないときは、時効によって消滅する」とされていましたが、法改正により、「6か月」の部分が、「1年間」に変更になりました。平成30年度の試験では、改正後の規定で出題されますので、次のように訂正します。

合格教本P302「(3)取消権の行使期間」参照
訂正前:追認をすることができる時から6か月

訂正後:追認をすることができる時から1年間




Copyright(C) Makoto Tamura All Rights Reserved