貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2011/5/18
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成21年度第1回試験 過去問


 問題28


次の①〜④の記述のうち、貸金業者向けの総合的な監督指針において、貸金業者が行った場合に、貸金業法第12条の6第4号に規定する不正又は著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされている行為として適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 契約の締結又は変更に際して、クレジットカードを担保として徴求すること

② 貸金業者が、架空名義もしくは借名で金融機関等に口座を開設し又は金融機関等の口座を譲り受け、債務の弁済に際して当該口座に振込みを行うよう要求すること

③ 資金需要者等が身体的・精神的な障害等により契約の内容が理解困難なことを認識しながら、契約を締結すること

④ 契約の締結又は変更に際して、印鑑登録証明書の写し、運転免許証の写し又は健康保険証の写しを徴求すること





 問題28 解答・解説

 「禁止行為(監督指針)」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP55・56「(3)禁止事項④の具体例」参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P54・55「(3)禁止事項④の具体例」参照)


①:○(適切である)
 契約の締結又は変更に際して、クレジットカードを担保として徴求することは、不正または著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされています。

②:○(適切である)
 
架空名義もしくは借名で金融機関等に口座を開設し又は金融機関等の口座を譲り受け、債務の弁済に際して当該口座に振込みを行うよう要求することは、不正または著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされています。

③:○(適切である)
 
資金需要者等が身体的・精神的な障害等により契約の内容が理解困難なことを認識しながら、契約を締結することは、不正または著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされています。

④:×(適切でない)
 
運転免許証等を徴収することは、不正または著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされています。しかし、運転免許証等の写しを徴収することは、不正または著しく不当な行為に該当しません。



正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved