貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2020/2/9
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」



Amazon:合格教本


過去問題集


Amazon:過去問題集


予想問題

第1回〜第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ





 貸金業務取扱主任者資格試験の試験科目「貸付け・貸付けに付随する取引に関する法令・実務に関すること」の分野では、(1)民事法、(2)民事手続法、(3)倒産法、(4)刑事法の知識・理解が求められます。
 
 (1)民事法では、次の事項が問われます。
   ・中心法令:民法商法会社法(組織形態、代表権、法人格とする)
          保険法手形法・小切手法
   ・関連法令:電子記録債権法、動産・債権譲渡特例法、電子契約法、
          不正競争防止法


 (2)民事手続法では、次の事項が問われます。
   ・中心法令:民事訴訟法民事執行法、民事保全法
   ・関連法令:ADR法、民事調停法

 (2)倒産法では、次の事項が問われます。
   ・中心法令:破産法、民事再生法
   ・関連法令:会社更生法、特定調停法、会社法(清算とする)

 (2)刑事法では、次の事項が問われます。
   ・中心法令:暴力団対策法犯罪収益移転防止法
   ・関連法令:刑法(犯罪の不成立及び刑の減免、未遂罪、共犯、文書偽造罪、
          支払用カード電磁的記録に関する罪、信用・業務に対する罪、
          偽証罪、詐欺罪、背任罪、恐喝罪、横領罪とする)、
          不正アクセス禁止法

   ※ 中心法令とは出題の中心となる法令です。
   ※ 関連法令は「貸金業」に必要な範囲内に限定して出題されます。

 試験問題全50問のうち「取引関係の法令・実務に関する分野」からの出題は、15問です。
 範囲が広く、民法等の理解が難しいため、みなさんが苦手とする分野でもありますが、避けては通れない分野です。


以下、
・「民法」「電子契約法」「動産・債権譲渡特例法」「商法」「会社法(法人格・代表権・組織形態+清算一般)」「手形・小切手法」「電子記録債権法」「不正競争防止法」
・「民事訴訟法」「民事執行法」「民事保全法」「ADR法」「民事調停法」
・「破産法」「民事再生法」「会社更生法」「会社法(特別清算)」「特定調停法」
・「暴力団対策法」「犯罪収益移転防止法」「刑法」「不正アクセス禁止法」
の順に解説をします。


 ※ 試験で問われやすいポイントは、赤字にしています。

 民法

契約の成立

★原則
 契約は申込みと承諾の合致(合意)によって成立します。このように、意思表示の合致のみにより成立する契約を諾成契約と言います。

★例外(金銭消費貸借契約の場合)
 消費貸借契約が成立するためには、返還の合意、および、金銭の交付が必要です(民法587条)。このように、意思表示の合致のみならず、目的物の引渡しにより成立する契約を要物契約と言います。

 ※ 契約書の交付がなくても契約は成立します。
   ただし、保証契約の成立には書面(契約書等)の交付が必要です。
民法分野で勉強すべき範囲

 民法において貸金業務に関係する分野には次のようなものがあります。

 1.契約の締結、利息・損害金
  ・契約の成立、金銭消費貸借契約
   →第1回・問題31第2回・問題37第5回・問題34
  ・制限行為能力者、権利能力、意思能力
   →第3回・問題38
  ・意思表示
   →第4回・問題31第5回・問題28
  ・代理(委任も含む) 
   →第2回・問題31第4回・問題40第5回・問題29
  ・条件、期限(期限の利益喪失も含む)、期間、利率、利息
   →第3回・問題30第3回・問題39の選択肢3、
     第3回・問題40の選択肢3、第5回・問題30

 2.金銭債権の履行確保
  ・物権変動と対抗要件
   →第1回・問題35第2回・問題40
  ・人的担保(連帯債務、保証債務、貸金等根保証契約)
   →第1回・問題34第2回・問題38第3回・問題31第5回・問題32
     第5回・問題33
  ・物的担保(質権、抵当権・根抵当権、譲渡担保、仮登記担保、買戻しなど)
   →第4回・問題35
  ・責任財産の保全(債権者代位権、詐害行為取消権)

 3.債権の管理・回収
  ・時効(特に消滅時効)
   →第2回・問題32第5回・問題31
  ・弁済(代物弁済、弁済による代位も含む)、供託、免除、更改
   →第1回・問題36第1回・問題40の選択肢2、第2回・問題39
     第4回・問題33第4回・問題41第5回・問題37
  ・債権譲渡
   →第3回・問題41
  ・相殺
   →第3回・問題32の選択肢2・3・4
  ・債務不履行(金銭債務の特則、損害賠償の予定も含む)
   →第1回・問題32第2回・問題33の選択肢1、第3回・問題39の選択肢4
     第4回・問題32第5回・問題38
  ・解除
  ・不当利得(不法原因給付も含む)
  ・不法行為

 4.当事者の地位・権利義務の承継
  ・相続
   →第1回・問題38第3回・問題33第4回・問題34第5回・問題36



 電子契約法(電子消費者契約に関する民法の特例に関する法律)

 ・民法の「錯誤」の特例です。

過去問→第1回・問題31の選択肢2・3、第2回・問題37の選択肢3・4

電子契約法の趣旨
 消費者が行う電子消費者契約の要素に特定の錯誤があった場合に関して、民法の特例を定めています。
@消費者が行う電子消費者契約の要素に特定の錯誤があった場合
 
 民法95条ただし書は適用されません(電子契約法3条本文)。 
 つまり、消費者に重過失がある場合でも無効を主張できます。
 
 例えば、事業者(貸主)の作成したホームページ画面上で、消費者(借主)が10,000円だけ借りる意思だったのにうっかり金額を「100,000円」と入力してしまった場合、要素の錯誤として契約の無効を主張できます。

 ただし、事業者が確認画面を設けるなどしていた場合には、民法95条ただし書の適用があります(電子契約法3条ただし書)。つまり、その場合は契約の無効を主張できません。

※ 電子消費者契約とは消費者事業者との間で電磁的方法により電子計算機の映像面を介して締結される契約をいい、消費者は個人に限られます(電子契約法2条1項)。したがって、ネットオークションなど個人間の取引には適用されません。また、自ら電子メールを書いて申し込んだ場合には、映像面を介して締結されたとはいえないため、適用されません。


 動産・債権譲渡特例法(動産及び債権の譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律)

 民法の「物権変動の対抗要件」と「債権譲渡の対抗要件」の特例です。
 過去に一度も出題されていません。

 商法

 さまざまな民法の特例について規定しています。

過去問→第1回・問題31の選択肢4、第2回・問題37の選択肢2、
      第3回・問題40の選択肢2

多数当事者間の債務の連帯
 数人が「商行為」となる行為によって債務を負担したときは、その債務は連帯債務となります(商法511条1項)。
 保証人がある場合、債務が主たる債務者の商行為によって生じたものであるとき、または、保証が商行為であるときは、連帯保証となります(商法511条2項)。
報酬請求権
 「商人」が営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求することができます(商法512条)。これは委任の無償性の例外といえます。
利息請求権
 「商人間」において金銭の消費貸借をしたときは、利息を支払う旨の特約がなくても、貸主は法定利息を請求することができます(商法513条)。


 会社法(法人格・代表権・組織形態+清算一般)

 平成26年度試験以降、出題はありません。

過去問→第1回・問題39

株式会社の代表
 原則として各取締役が株式会社を代表します。
 しかし、代表取締役等が選任されている場合には、その者が株式会社を代表します。
 代表取締役は株式会社の業務に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有します。

★多額の借財をする場合
 取締役会を設置している株式会社が多額の借財をする場合には、代表取締役は勝手にその契約を締結することはできず、取締役会の決議を経なければなりません。
 よって、貸金業者は、株式会社と貸付け契約を締結する際に、場合によって、取締役会決議の存在を確認する必要があります。


 手形法・小切手法

 ・手形には債権回収を確実にするという役割もあります。
 ・手形法は、電子記録債権法とともに、ほぼ毎年出題されています。

過去問→第3回・問題34第4回・問題39第5回・問題39の選択肢1・2

手形の種類・流れ
 手形には「約束手形」と「為替手形」がありますが、両者はほとんど異ならないため、約束手形を中心に説明します。

 約束手形:振出人自らが支払を約束する手形
 為替手形:支払人に支払を委託する手形

 手形は振出し(権利の発生)→裏書(移転)→支払(消滅)という流れになります。
 
 ※ 為替手形では、上記の流れに、引受けが加わります。
手形の振出し
 振出しは、手形を作成し、それを交付することによって行います。
 手形に記載すべき事項(必要的記載事項)を一つでも欠くと、原則として手形の効力は発生しません。
 必要的記載事項のほか、有益的記載事項(記載によって効力が発生する事項)、無益的記載事項(記載しても効力は発生しない事項)、有害的記載事項(記載によって手形全体が無効となる事項)があります。

★必要的記載事項
・約束手形文句
(為替手形の場合には為替手形文句)
・一定金額を支払うべき旨の単純なる約束
(為替手形の場合には一定金額を支払うべき旨の単純なる委託)
・満期の表示
・支払をなすべき旨の表示
・支払を受けまたはこれを受ける者を指図する者(受取人)の名称
・手形の振出日・振出地の表示
・手形を振出す者(振出人)の署名

※ 為替手形の場合には、以上に加えて「支払をなすべき者(支払人)の名称」の記載が必要です。

★白地手形
 必要的記載事項が欠けている手形であっても、振出人が手形取得者に補充させる意思で振り出した場合、その記載の補充がなされれば有効となります。

★統一手形用紙
 手形を振り出す場合、現実には統一手形用紙を用いますが、必要的記載事項が記載されている限り、統一手形用紙を利用しなくても、法律上無効とはなりません。
手形の裏書
 裏書により、手形により生ずる一切の権利が裏書人から被裏書人に移転します。このような裏書による権利の譲渡を「裏書譲渡」といいます。

★手形の指図証券性とその例外
 手形は指図式にて振り出さなくても当然に裏書譲渡できます。ただし、振出人が「指図禁止」の記載をした場合には、裏書譲渡をすることはできず、債権譲渡に関する方式・効力(民法467条以下)によってのみ譲渡することができます。

★白地式裏書
 白地式裏書とは、被裏書人を指定しない裏書または単に裏書人の署名のみによる裏書をいいます。つまり、被裏書人の記載のない裏書です。

★手形の善意取得等
 裏書の連続がある手形を所持する者は、手形上の権利者であると推定されます。
 裏書の連続がある手形を譲り受けた者は、譲渡人が無権利であっても、無権利であることを知らず、かつ、知らないことに重過失がないときは、手形上の権利を取得できます。

★人的抗弁の切断
 善意の手形取得者(被裏書人)は、債務者が取得者の前者(裏書人)に対して有する人的抗弁をもって対抗されません。これを「人的抗弁の切断」といいます。
 
 ※人的抗弁とは、特定の所持人に対してのみ対抗できる抗弁をいいます。
  例→手形外の原因関係に取消しまたは解除の事由がある場合
     この場合、直接の相手方または悪意の取得者にのみ対抗できます。
手形の支払
 手形所持人は手形を呈示することによって、その支払を受けることができます。

★支払呈示期間
・確定日払、日付後定期払、一覧後定期払の場合
 →支払をなすべき日またはこれに次ぐ2取引日
・一覧払の場合
 →手形の呈示があるときに支払われます(原則として振出日より1年以内)。

★支払呈示の効果
 支払呈示期間内に支払呈示をすることにより遡求義務者に対する訴求権を保全できます。裏を返せば、支払呈示期間経過後は、裏書人などの遡及義務者に対して遡求できなくなるということです。もっとも、支払呈示期間経過後も、約束手形の振出人は手形債務が時効により消滅しない限り手形金を支払う義務を負います。

★支払免責
 裏書の連続のある手形の場合、無権利者に対する支払であっても、支払人に悪意または重過失がない限り、支払人はその責任を免れます。

 小切手法

 ・過去に一度だけ出題されています(第4回・問39

小切手

★小切手の一覧払性
 小切手は現金と同様の決済機能をもっており、必ず一覧払い(支払呈示をすれば直ちに支払を受けられるもの)でなければなりません。
 そのため、一覧払性に反する記載は認められず、実際に振出した日より先の日を振出日として記載されていた場合であっても、小切手の所持人はその振出日前に支払呈示をすることができ、支払呈示を受けた時点で支払われなければならないとされています。

※ 小切手には、振出日を記載しなければなりません。
※ 小切手には、支払期日の記載はありません。

★線引小切手
 線引小切手とは、小切手の表面に2本の平行線を引いたものをいいます。
 線引小切手は、銀行と取引関係にない者への支払を禁止することによって、不正な小切手取得者への支払を防止する機能があります。


 電子記録債権法

 ・手形と似ている制度です。ほぼ毎年出題されています。

 過去問→第5回・問題39の選択肢3・4

電子記録債権法の実体面における特徴
 電子記録(発生記録)によって電子記録債権という債権が発生し(電子記録債権法15条)、その電子記録債権の譲渡も電子記録(譲渡記録)によってその効力が発生します(同法17条)。
 つまり、電子記録は効力発生要件であると言えます。

 善意取得(同法19条)や人的抗弁の切断(同法20条)、支払免責(同法21条)など、手形法類似の規定がいくつもあります。
 また、電子記録債権の内容は記録(文言)のみによって決定さたり(電子記録債権法9条1項)、電子記録債権の消滅時効が3年になっていたりと(同法23条)、手形法と比較してみるとおもしろいですね。
電子記録債権法の手続面における特徴
 電子記録の請求は原則として電子記録権利者と電子記録義務者の双方によってなされなければならないとされている(同法5条1項、共同請求の原則)。この原則は、虚偽の電子記録がなされることを防ぎ、電子記録の真正を担保するためにあると言えます。


 不正競争防止法

 過去に一度も出題されていません。

 民事訴訟法

 実体法(民法等)に基づく権利を実現する手続きの流れは、次のようになります。

 民事保全(権利実現の保全)民事訴訟(権利の確定)民事執行(権利の実現)

過去問→第1回・問題41第2回・問題33の選択肢2・3、第2回・問題34
      第3回・問題42の選択肢1・2・3、第4回・問題38の選択肢a・c・d、
      第5回・問題40

民事訴訟法とは
 民事執行法は、判決などで権利を確定するための手続きを規定した法律です。

★民事訴訟の主な流れ


 訴えの提起→口頭弁論→判決等→(上訴)→判決の確定


 民事執行法

 民事保全(権利実現の保全)民事訴訟(権利の確定)民事執行(権利の実現)

過去問→第1回・問題37第2回・問題36第3回・問題36の選択肢1・2・3、
      第3回・問題37の選択肢1・2・3、第3回・問題42の選択肢4、
      第4回・問題42第5回・問題41

民事執行法とは
 民事執行法は、判決などで確定した権利を実現するための手続きを規定した法律です。

★民事執行法における手続きの種類
民事執行法の定める手続きには次の種類があります。
@強制執行(金銭執行・非金銭執行))
A担保権の実行
B形式的競売
C財産開示手続き

 ※ 金銭執行はさらに「不動産執行」「動産執行」「債権執行」等に分けることが
   できます。

★金銭執行の流れ
 申立て→差押え換価配当または弁済金の交付

★執行機関の例
・不動産執行の場合→執行裁判所
・動産執行の場合→執行官
・債権執行の場合→執行裁判所
強制執行の実施(債務名義・執行文の付与)

 強制執行は、執行文の付与された債務名義の正本に基づいて実施されます。

★債務名義
 債務名義には次の種類があります。
@確定した給付判決
A仮執行宣言付き判決
B抗告によらなければ不服を申し立てることができない裁判
C仮執行宣言付き支払督促
D訴訟・和解・執行の費用の負担等の額を定める裁判所書記官の処分
E執行証書(強制執行認諾文言付きの公正証書のことです。)
F確定した執行判決のある外国裁判所の判決
G確定した執行決定のある仲裁判断
H確定判決と同一の効力を有するもの(和解調書、請求の認諾調書、調停調書など)

★執行文の付与
 執行文の付与は裁判所書記官(執行証書以外の場合)または公証人(執行証書の場合)によって行われます。
 執行文の付与に関連して納得できない事柄がある場合には、「執行文付与等に対する異議の申立て」「執行文付与の訴え」「執行文付与に対する異議の訴え」ができます。

★執行文の種類
 執行文の種類には次の種類があります。
@単純執行文
A条件成就執行文
 停止条件の成就、不確定期限の到来により付与される執行文
B承継執行文
 債務名義に表示された債権者・債務者から地位を承継した場合に付与される執行文
強制執行に関する異議・訴え

 執行手続きが違法である場合、「執行抗告」や「執行異議」を行うことができます。
 実体関係に問題があって執行が不当である場合、「請求異議の訴え」や「第三者異議の訴え」を行うことができます。

★請求異議の訴え
 債権が消滅しているなど、債務名義の存在・内容に異議がある場合、あるいは債務名義の成立に異議がある場合において、債務者がその債務名義による強制執行の不許を求めるために提起する訴えです。

★第三者異議の訴え
 強制執行の目的物の所有権を第三者が有している場合や占有権を第三者が有している場合などにおいて、第三者が債権者に対し強制執行の不許を求めるために提起する訴えです。
担保権の実行
 抵当権等の担保権に基づき実施される「担保不動産競売」や「担保不動産収益執行」の手続きは、強制執行の手続きに準じて行われますが、強制執行と異なり債務名義を必要としません
財産開示手続き
 債権者が債務者の財産状況を把握するための制度として、財産開示手続きが定められています。


 民事保全法

 民事保全(権利実現の保全)民事訴訟(権利の確定)民事執行(権利の実現)

過去問→第2回・問題35第4回・問題37

民事保全法とは
 民事訴訟では判決が出るまで時間がかかるため、判決がなされるまでの間に債務者による財産の処分・隠匿などがなされるおそれがあり、強制執行をしても現実に債権の回収ができないなどの不都合が生じることがあります。
 そこで、民事保全法は、将来の強制執行等に備えるため、民事訴訟(本案)により確定される権利の実現を保全するための手続きを規定しています。
民事保全の種類
 民事保全には、「仮差押え」と「仮処分」があります。
 仮処分は、さらに、「係争物に関する仮処分」と「仮の地位を定める仮処分」に分かれます。

★仮差押え
 将来の強制執行に備えて、本案の権利である金銭債権(金銭の支払を目的とする債権)の執行を保全するための手続きです。
★係争物に関する仮処分
 将来の強制執行に備えて、本案の係争物である不動産の登記請求権や建物収去土地明渡請求権などの執行を保全するための手続きです。「処分禁止の仮処分」や「占有移転禁止の仮処分」などがあります。
★仮の地位を定める仮処分
 役員(取締役など)の職務執行停止の仮処分や代行者選任の仮処分、解雇された者が従業員としての地位を保全するために行う仮処分などがあります。
民事保全手続きの流れ
  
  保全命令手続き→保全執行手続き

★保全命令手続き
 保全命令手続きは、「保全すべき権利・権利関係」及び「保全の必要性」を確認し、保全命令(仮差押命令・仮処分命令)を発する手続きです。申立人は、「保全すべき権利・権利関係」及び「保全の必要性」を疎明しなければなりません。
★保全執行手続き
 保全執行手続きは、保全命令の内容を実現する手続きです。この手続きは、保全命令の正本に基づいて実施され、原則として執行文の付与は不要です。


 ADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律)

 過去に一度も出題されていません。

 民事調停法

過去問→第2回・問題33の選択肢4、第4回・問題38の選択肢b

調停手続きとは
 調停手続きとは、第三者(調停委員など)の関与のもと当事者間の合意の成立によって紛争解決を目指す手続きです。

※ 第三者の関与がある点で、和解契約とは異なります。
※ 当事者間の合意の成立が前提となる点で、裁判官の判断(判決)に拘束される裁判とは異なります。
民事調停の管轄・管轄
 民事調停は、簡易裁判所で扱われ、原則として裁判官である調停主任と調停委員によって構成される調停委員会の関与によって行われます。
合意が成立した調停調書の効力
 合意の内容を記載した調停調書は確定判決と同一の効力を持ちます。
 この調停調書を債務名義として強制執行を申し立てることもできます。


 破産法

 破産手続きは、清算型の倒産手続きです。

過去問→第1回・問題42第3回・問題32の選択肢1、第3回・問題36の選択肢4、
      第4回・問題43

破産手続きの目的と流れ
 破産手続きとは、債務者が債務を弁済できない状態(正確には「支払不能」または「債務超過」の状態)に陥った場合に、総債権者の公平を図るために行う清算手続きです。
 破産には、債務者の経済的な再生の機会を図るという目的もあります。

★破産手続きの流れ
申立て→開始決定→債権の届出・調査・確定、財産の管理・換価→配当・終結
破産手続開始の申立て
 破産手続開始の申立ては、債権者または債務者が行うことができます。
 法人の破産手続きの場合には、取締役なども申立てを行うことができます。
 
 債権者が申立てをするときには、「破産手続開始原因」となる事実を疎明しなければなりません。債権者による疎明を要求するのは債権者による破産手続の濫用を防止するためです。
 
★破産手続開始原因とは
 債務者が個人の場合には支払不能
 債務者が法人の場合には支払不能または債務超過
破産手続開始の決定とその効果
 破産手続開始の原因がある場合、前述の破産手続開始の申立てにより、破産手続開始の決定がなされます。
 破産手続開始により、債務者(決定により「破産者」となる。)は財産の管理処分権を失い破産管財人にその管理処分権が専属することになります。なお、借財などをする場合には「裁判所の許可」が必要になる場合もあります。
 また、開始後は、債権者は原則として破産手続きによらなければ権利を行使することができず、強制執行等も禁止されます。
担保権の取扱い
 破産手続開始後も、抵当権等の担保権は「別除権」として破産手続きによらずに行使することができます。
 ただし、「担保権消滅許可制度」があります。

※ 別除権者はその権利の行使によって弁済を受けられなかった債権額についてのみ、破産債権者としてその権利を行使できます。
復権
 免責許可の決定が確定したとき、破産者は復権します。
 
※ 破産者は貸金業の登録を受けることはできませんが、復権により登録を受けることができるようになります(貸金業法6条2号)。


 民事再生法

 民事再生手続きは、再建型・DIP型の倒産手続きです。

過去問→第3回・問題35第5回・問題42

再生手続きの目的と流れ
 再生手続きとは、経済的に窮境にある債務者について、再生計画を定める等により、債務者と債権者の関係を適切に調整し、もって債務者の事業または経済生活の再生を図る手続きです。

 * 事業の継続が目的である点で破産手続きとは異なります。

★再生手続きの流れ
申立て→開始決定→債権の届出・調査・確定→計画の決議・認可→計画の遂行
再生手続開始の申立て
 再生手続開始の申立ては、債権者または債務者が行うことができます。
 
 申立てをするときには、「再生手続開始原因」となる事実を疎明しなければなりません。
 債権者が申立てををするときには、さらに「債権の存在」を疎明しなければなりません。

★再生手続開始原因とは
・破産手続開始原因となる事実の生ずるおそれのあるとき
債務者が事業の継続に著しい支障を来すことなく弁済期にある債務を弁済することができないとき

※ 再生手続きでは破産手続きよりも早い段階(「おそれ」の段階)で申立てをすることができます。
再生手続開始の決定とその効果
 再生手続開始の原因がある場合、前述の再生手続開始の申立てにより、再生手続開始の決定がなされます。
 再生手続開始後も、原則として再生債務者はその業務を遂行し、その財産の管理処分権を有します。ただし、管財人が選任された場合には、債務者の業務・財産の管理は管財人が行います。なお、借財などをする場合には「裁判所の許可」が必要になる場合もあります。
 開始後は、債権者は原則として再生計画にしたがって弁済を受けなければならず、強制執行等は禁止されます。
担保権の取扱い
 再生手続開始後も、抵当権等の担保権は「別除権」として再生手続きによらずに行使することができます。
 ただし、「担保権の実行手続の中止命令」や「担保権消滅許可制度」があります。

※ 別除権者はその権利の行使によって弁済を受けられなかった債権額についてのみ、再生債権者としてその権利を行使できます。
 


 会社更生法

 会社更生手続きは、再建型・管理型の倒産手続きです。

更生手続きの目的と流れ
 更生手続きとは、窮境にある株式会社について、更生計画の策定及びその遂行に関する手続を定めること等により、債権者、株主その他の利害関係人の利害を適切に調整し、もって当該株式会社の事業の維持更生を図る手続きです。

※ 更生手続きは再建型手続きであるため、計画により事業維持を図る点で民事再生手続きと同じですが、管理型手続きであるため、管財人が必ず選任されるなど点において、DIP型手続きである民事再生手続きとは異なります。
※ 株主も更生手続きに参加できます。

★更正手続きの流れ
申立て→開始決定→債権・担保権の届出・調査・確定→計画の決議・認可→計画の遂行
更生手続開始の申立て
 株式会社は更生手続開始の申立てをすることができます。
 一定の要件のもと、株主による申立てもできます。
 
 申立てをするときには、「更生手続開始原因」となる事実を疎明しなければなりません。
 
★更生手続開始原因とは
・破産手続開始の原因となる事実が生ずるおそれがある場合
・弁済期にある債務を弁済することとすれば、その事業の継続に著しい支障を来すおそれがある場合
更生手続開始の決定とその効果
 更生手続開始の原因がある場合、前述の更生手続開始の申立てにより、更生手続開始の決定がなされます。
 更生手続開始後は、会社の事業経営権と財産の管理処分権は管財人に専属します。なお、借財などをする場合には「裁判所の許可」が必要になる場合もあります。
 また、開始後は、債権者は原則として更生計画にしたがって弁済を受けなければならず、強制執行等は禁止されます。
担保権の取扱い
 更生手続開始後、担保権は更正担保権として扱われ、更生手続きにしたがうことになります。そのため、更生手続きでは、民事再生手続とは異なり担保権の実行が禁止されます
 更生手続きも、民事再生手続と同様に「担保権消滅許可制度」はあります。


 会社法(特別清算)

特別清算手続きとは
 特別清算手続きとは、会社に債務超過の疑いがあるときなどに、会社法の規定により、裁判所の監督のもとに行われる清算手続きです。

※ 特別清算手続きは、その手続きの利用が解散した株式会社に限定される点や手続開始原因などについて、破産手続きと異なります。
 また、裁判所の監督のものに行われる点や手続の開始原因が必要である点について、前述した会社法の通常清算手続きと異なります。
特別清算開始の申立て
 特別清算開始の申立ては、債権者清算人監査役株主が行うことができます。
 
 債務超過の疑いがあるときは、清算人は手続開始の申立てをしなければなりません。
特別清算開始の命令とその効果
 特別清算開始の原因がある場合、前述の特別清算開始の申立てにより、特別清算開始の命令がなされます。
 特別清算開始後は、清算人が清算事務を行い、債権者による強制執行等は禁止されます。

 ★特別清算開始原因とは
 ・清算の遂行に著しい支障をきすべき事情があること
 ・債務超過の疑いがあること

★清算株式会社の行為の制限
 特別清算開始の命令があった場合、借財などについては、監督委員が選任されている場合を除き「裁判所の許可」を得なければなりません。
 監督委員が選任されているときには、「監督委員の同意」を得ればよいのです。
担保権の取扱い
 特別清算開始後も、抵当権等の担保権は原則としてその実施をすることができます。
 ただし、裁判所により「担保権の実行手続の中止命令」がなされることもあります。


 特定調停法(特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律)

 過去に一度も出題されていません。

 暴力団対策法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)

 過去に一度だけ出題されています(第2回・問題42)。

 なお、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する「暴力団員または暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者」は、貸金業の登録の拒否事由に該当します(第5回・問17の選択肢B)。

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)

 毎年出題されています。

 過去問→第1回・問題33第2回・問題41第4回・問題36第5回・問題35

犯罪収益移転防止法の概要
特定事業者(貸金業者等)には、
本人確認
本人確認記録の作成・保存(取引に係る契約の終了から7年間保存)
取引記録等の作成・保存(取引の行われた日から7年間保存)
疑わしい取引の届出
が義務づけられます。

義務違反の場合には、罰則等が科せられます。
本人確認が必要となる取引
 金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介手形の割引売渡担保その他これらに類する方法によってする金銭の交付又は当該方法によってする金銭の授受の媒介を含む。)を内容とする契約の締結などの場合などに、本人確認が必要となります。
本人確認方法(確認書類)

★個人の場合
 運転免許証、保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、母子健康手帳、旅券、住民基本台帳カード、外国人登録証明書など。

★法人の場合
 登記事項証明書、印鑑登録証明書など
特定事業者の免責
 特定事業者は、顧客等が本人確認に応じない場合には応じるまでの間、取引に係る義務の履行を拒むことができます。
疑わしい取引の届出
 疑わしい取引については、犯罪収益移転防止法第20条に規定する行政庁に届け出なければなりません。


 刑法

 過去に一度も出題されていません。

 不正アクセス禁止法(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)

 過去に一度も出題されていません。


Copyright(C) Makoto Tamura All Rights Reserved