貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2011/5/19
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成21年度第1回試験 過去問


 問題40


貸金業者であるA社は、Bとの間の貸付けに係る契約に基づきBがA社に対して負う債務(以下、「本件債務」という)の弁済を第三者であるC社(Bの保証人ではない)に委託しようとしている。この場合に関する次の①〜④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① C社が暴力団員等によりその運営を支配されている法人であり、A社がそのことを知り、又は知ることができる場合、貸金業法上、A社は、本件債務の弁済をC社に委託することができない。

② C社が本件債務の弁済をA社から受託した場合において、C社が当該債務の弁済につき利害関係を有していないときは、民法上、C社は、本件債務の弁済がBの意思に反しなくても、A社に対し本件債務の弁済をすることができない。

③ C社が、A社の委託に基づき本件債務を弁済し、Bに対し求償権を取得した場合、貸金業法上、C社は、当該求償権を行使するに当たって、Bを威迫してはならない。

④ C社が、A社の委託に基づき本件債務を弁済し、Bに対し求償権を取得した。この場合、C社の営業所の所在する都道府県の知事が、資金需要者等の利益の保護を図るため必要があると認めるときは、C社は、当該都道府県の職員による、C社の営業所への立入り、その業務に関する質問、又は帳簿その他の物件の検査を受けることがある。





 問題40 解答・解説

 「債権の譲渡等の規制(貸金業法等)、弁済(民法)」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP109~111、P210参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P105~107、P204参照)


①:○(適切である)
 貸金業者が弁済を第三者に委託しようとする場合で、その第三者が「取立て制限者」であることを知り、または知ることができるときは、委託をすることが禁止されています。
 取立て制限者には、暴力団員等によりその運営を支配されている法人も含まれるので、①において、貸金業者Aが第三者Cに弁済を委託することはできません。よって、①は正しいです。

第4版合格教本P109「(3)取立て制限者に対する債権譲渡等の禁止」参照。

②:×(適切でない)
 弁済について第三者(C)が利害関係を有していないときであっても、債務者(B)の意思に反しなければ、弁済をすることができます。よって、②は誤りです。

第4版合格教本P210「(3)第三者の弁済」参照。

③:○(適切である)
 求償権を取得した者も債権譲渡等と同様の規制を受けます。
 求償権を取得した者も「取立て行為の規制」の適用を受けるため、求償権を行使するに当たって債務者を威迫することは許されません。よって、③は正しいです。

第4版合格教本P110「②保証等に係る求償権等の行使の規制」、P109枠内「●通知書面の記載事項」の②参照。

④:○(適切である)
 求償権を取得した者も債権譲渡等と同様の規制を受けます。
 求償権を取得した者も「報告徴収および立入検査」の適用を受けるため、報告徴収および立入検査を受けることがあります。よって、④は正しいです。

第4版合格教本P110「②保証等に係る求償権等の行使の規制」、P109枠内「●通知書面の記載事項」の②参照。



正解:②



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved