貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2010/9/11
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成21年度第2回試験 過去問


 問題21


貸金業者の禁止行為に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 貸金業者向けの総合的な監督指針(以下、本問において「監督指針」という)では、貸金業法第12条の6第4号に規定する不正な行為とは違法な行為をいい、不当な行為とは、客観的に見て、実質的に妥当性を欠く又は適当でない行為で、不正(違法)な程度にまで達していない行為をいうとされている。

② 監督指針では、貸金業者が、貸金業の業務に関し、資金需要者等が身体的・精神的な障害等により契約の内容が理解困難なことを認識しながら、契約を締結することは、貸金業法第12条の6第4号に規定する偽りその他不正又は著しく不当な行為に該当するおそれが大きいとされている。

③ 貸金業者が、その貸金業の業務に関し、資金需要者等に対し、虚偽のことを告げた場合、当該貸金業者には貸金業法違反を理由として刑事罰が科されることがある。

④ 貸金業者が、その貸金業の業務に関し、保証人となろうとする者に対し、主たる債務者が弁済することが確実であると誤解させるおそれのあることを告げた場合、当該貸金業者には、貸金業法違反を理由として刑事罰が科されることがある。





 問題21 解答・解説

 「禁止行為(罰則を含む)」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP54~56、P125参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P53~55、P121参照)
 
<ポイント>
 禁止行為のうち、
資金需要者等に対する虚偽告知(上記の選択肢③)の場合にのみ刑事罰が科されることがあります。


①:○(適切である)

不正な行為
違法な行為

不当な行為=客観的に見て、実質的に妥当性を欠く又は適当でない行為で、不正(違法)な程度にまで達していない行為

※ 第4版合格教本P54枠内「●禁止事項」参照。

②:○(適切である)
 設問の通りです。

※ 第4版合格教本P55・56「(3)禁止事項④の具体例」参照。

③:○(適切である)
 
資金需要者等に対し、虚偽のことを告げた場合、刑事罰が科されることがあります。


※ 第4版合格教P54枠内、P125参照。

④:×(適切でない)
 保証人となろうとする者に対し、主たる債務者が弁済することが確実であると誤解されるおそれのあることを告げる行為は、禁止されています(第4版合格教本P54枠内「●禁止事項」の③に該当)。
 しかし、このような行為を行った場合でも、刑事罰を科されることはありません。

※ 第4版合格教本P54枠内参照。

※ 選択肢③と④の違いに注意してください。
※ なお、「誤解させるおそれのあることを告げた」だけでは、「虚偽のことを告げ」たとはいえません。



正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved