貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2009/11/27
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成21年度第2回試験 過去問


 問題35


仮差押えに関する次の①〜④の記述のうち、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 債権者は、債務者の財産について仮差押えをした後でなければ、強制執行を申し立てることができない。

② 仮差押命令は、既に弁済期限が到来している金銭の支払いを目的とする債権についてのみ発せられ、条件付き又は期限付きの債権について仮差押命令が発せられることはない。

③ 債権者は、債務者を被告として提起した貸金返還請求訴訟が係属している間は、債務者の財産について仮差押えを申し立てることができない。

④ 動産の仮差押命令は、目的物を特定することなく、発することができる。





 問題35 解答・解説

 「仮差押え(民事保全法)」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP263、P264参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P257、P258参照)


①:×(適切でない)
 仮差押えは、将来の強制執行に備えて、金銭の執行を保全するための手続きです。債権者が保全の必要がないと考えれば、仮差押えの手続きをする必要はありません。
 そのため、仮差押えをしなくとも、強制執行を申し立てることはできます。


※ 第4版合格教本P263枠内「●強制執行と民事訴訟・民事保全との関係」参照。

②:×(適切でない)
 条件付きまたは期限付きの債権についても仮差押命令を発することができます。

※ 条件付きまたは期限付きの債権であっても、将来の強制執行に備える必要があるといえるでしょう。

③:×(適切でない)
 
仮差押えの申立ての時期に制限はありません。民事訴訟を提起する前でも、訴訟が係属している間であっても、仮差押えの申立てをすることができます。

※ 訴訟が係属している間とは、裁判中のことです。つまり、裁判前であっても、 裁判中であっても、仮差押えの申立てはできます。

※ 第4版合格教本P264「①民事保全の意義」参照。

④:○(適切である)
 仮差押命令は、
特定の物について発しなければなりません。ただし、動産の仮差押命令は、目的物を特定しないで発することができます。


※ 動産については、目的物を特定することが困難な場合も多いため、動産の場合には特定しなくてもよいとされているのです。


正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved