貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2009/11/25
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成21年度第2回試験 過去問


 問題46


次の①~④の記述のうち、貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則において、日本貸金業協会に加入している貸金業者(以下、本問において「協会員」という)が行った場合に貸金業法第12条の6第4号に規定する不正又は著しく不当な行為に該当するおそれがあるとされている行為に当たるものとして、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 協会員が、貸付けの契約に基づく債権の取立てに当たり、債務者等以外の者に保証人となるよう強要すること

② 協会員が、協会員の勧奨又は示唆によらずに資金需要者等が虚偽の年収額、資金使途又は家計状況を記載した借入申込書を、虚偽であることを知らずに受け付けること

③ 協会員が、資金需要者等からの貸付けの契約申込みに当たり、例えば「信用をつけるため」等の虚偽の事実を伝え、手数料を要求すること

④ 協会員が、貸付けの金額に比し、合理的な理由がないまま過大な担保(人的担保を含む)を徴求すること





 問題46 解答・解説

 「禁止行為」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP54~56参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P53~55参照)
 
 自主規制基本規則についての問題ですが、監督指針における禁止行為の具体例を理解していれば、後は常識で正解を出すことができる問題です。

<ポイント>
 自主規制基本規則が、貸金業者に対して無理なことを強いることはない。

※ 監督指針における禁止行為の具体例については、第4版合格教本P55・56に掲載。
※ 自主規制基本規則における禁止行為の具体例については、「貸金業務取扱主任者 ○×問題+過去問題集 (らくらく突破)」のP68・69に掲載。



①:○(適切である)
 本肢の通りです。


②:×(適切でない)
 自主規制基本規則には、本肢のような内容の定めはありません。
 

※ そもそも、借入申込書の記載が虚偽であることを知らない場合に、それを受け取らないとすることには、無理があります。
 虚偽の内容が書かれた書類であることを知らずにそれを受け取る行為が、不正な行為に該当しないことは、常識的に判断できると思います。

③:○(適切である)
 
本肢の通りです。

④:○(適切である)
 
本肢の通りです。


正解:②



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved