貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2009/12/26
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題47


金融分野における個人情報保護に関するガイドラインに規定する個人データの第三者提供の制限に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 個人データの提供が制限される第三者とは、個人データを提供しようとする個人情報取扱事業者及び当該個人データに係る本人のいずれにも該当しないものをいい、自然人、法人その他の団体を問わないとされている。

② 金融分野における個人情報取扱事業者は、個人データの第三者提供について本人の同意を得る際には、原則として、書面によることとし、当該書面における記載を通じて、個人データを提供する第三者、提供を受けた第三者における利用目的及び第三者に提供される情報の内容を本人に認識させた上で同意を得ることとされている。

③ 金融分野における個人情報取扱事業者が、個人信用情報機関に対して個人データを提供する場合は、個人信用情報機関を通じて当該機関の会員企業にも個人データが提供されることとなるため、個人データを提供する個人情報取扱事業者又は個人信用情報機関から個人データの提供を受けようとする会員企業のいずれかが本人の同意を得ることとされている。

④ 個人情報の保護に関する法律第23条第2項に規定する「本人が容易に知り得る状態」とは、例えば、事務所の窓口等での常時掲示もしくは備付け、又はインターネットのホームページへの常時掲載等のように、本人が知ろうと思えば、時間的にも、その手段においても、容易に知ることができる状態をいい、金融分野における個人情報取扱事業者は、自らの金融商品の販売方法等の事業の態様に応じた適切な方法により、継続的な公表を行う必要があるとされている。


[参照条文]
個人情報の保護に関する法律第23条第2項
 個人情報取扱事業者は、第三者に提供される個人データについて、本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止することとしている場合であって、次に掲げる事項について、あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときは、前項の規定にかかわらず、当該個人データを第三者に提供することができる。
1.第三者への提供を利用目的とすること。
2.第三者に提供される個人データの項目
3.第三者への提供の手段又は方法
4.本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること。





 問題47 解答・解説
「個人情報保護に関するガイドライン」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP298、P293参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P292、P287参照)

①:○(適切である)
 
本肢の通りです。


※ 第4版合格教本P298「(5)第三者提供の制限(法23条関連)」参照。

②:○(適切である)
 本肢の通りです。


※ 第4版合格教本P298「(5)第三者提供の制限(法23条関連)」参照。

③:×(適切でない)
 ガイドラインでは、「個人信用情報機関に対して個人データが提供される場合には、個人信用情報機関を通じて当該機関の会員企業にも情報が提供されることとなるため、
個人信用情報機関に個人データを提供する金融分野における個人情報取扱事業者が本人の同意を得ることとする」とされています。
 本肢は、個人データの提供元と提供先のいずれかが本人の同意を得るとしている点が誤りです。


※ 第4版合格教本P298「(5)第三者提供の制限(法23条関連)」参照。

④:○(適切である)
 
本肢の通りです。

※ 第4版合格教本P293の※印を参照。


正解:③



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved