貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2010/11/24
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成22年度試験(第5回) 過去問


 問題46


次のa〜dの記述のうち、貸金業法第13条の2第2項に規定する個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものに該当するものの組み合わせを①〜④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

a 個人顧客が、貸金業者でない者との間で締結した貸付けに係る契約に基づき負担する債務を弁済するために必要な資金の貸付けに係る契約であって、当該貸付けに係る契約の1か月の負担が当該債務に係る1か月の負担を上回るもの

b 金融機関(預金保険法第2条第1項に規定する金融機関をいう。)からの貸付けが行われるまでのつなぎとして行う貸付けに係る契約(極度方式基本契約を除く。)であって、返済期間が1か月を超えるもの

c 事業を営む個人顧客に対する貸付けに係る契約であって、実地調査、当該個人顧客の直近の確定申告書の確認その他の方法により当該事業の実態が確認されており、かつ当該個人顧客の事業計画、収支計画及び資金計画(当該契約に係る貸付けの金額が100万円を超えないものであるときは、当該個人顧客の営む事業の状況、収支の状況及び資金繰りの状況)に照らし、当該個人顧客の返済能力を超えない貸付けに係る契約であると認められるもの

d 個人顧客又は当該個人顧客の親族で当該個人顧客と生計を一にする者の緊急に必要と認められる医療費(所得税法第73条第2項に規定するもの)を支払うために必要な資金の貸付けに係る契約(貸金業法施行規則第10条の21 第1項第4号に規定する高額療養費に係る契約を除く。)であって、当該個人顧客の返済能力を超えないと認められるもの(当該個人顧客が現に当該貸付けに係る契約を締結していない場合に限る。)


① a b   ② a c   ③ b d   ④ c d





 問題46 解答・解説

 「総量規制の例外」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP64・65参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P62参照)
 
 個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約」は
 総量規制の例外とされています。



 ※ bは、平成22年6月の法改正部分からの出題です。
 ※ 過去問とブログの予想問題を解いていれば正解できる問題でした。


a:×(該当しない)
 
個人顧客に一方的に有利となる借換えの契約(毎回の返済額や総返済額が減少し、追加の担保や保証がないなど)は、総量規制の例外に該当するとされています。
 本肢のように、当該契約の1か月の負担が既存債務に係る1か月の負担を上回る場合には、毎月の返済額が増加するため、総量規制の例外に該当しません。


※ 第4版合格教本P64枠内の①参照。
※ 過去問(第2回試験・問題9の選択肢④、第3回試験・問題43の選択肢b)と同じ問題。

b:×(該当しない)
 金融機関からの貸付けが行われるまでのつなぎとして行う貸付けに係る契約(極度方式基本契約を除く。)は、総量規制の例外の対象です。ただし、正規貸付けが行われることが確実でなければならず、返済期間が1か月を超えないことが必要です。
 本肢のように、返済期間が1か月を超える場合には、総量規制の例外に該当しません。

※ 第4版合格教本P65枠内の⑧参照。
※ 法改正部分につき、予想問題67参照。

c:○(該当する)
 本肢の通り、該当します。


※ 第4版合格教本P65枠内の⑥に該当。

d:○(該当する)
 本肢の通り、該当します。


※ 第4版合格教本P62枠内の③に該当。


正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved