貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2018/6/21
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」


Amazon:合格教本


過去問題集

Amazon:過去問題集


予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ



平成23年度試験(第6回)過去問


 問題2


貸金業者が貸金業の登録を更新する場合等に関する次のa~dの記述のうち、その内容が適切なものの組み合わせを①~④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

a 貸金業者は、貸金業の登録の更新を受けようとするときは、その者が現に受けている貸金業の登録の有効期間満了の日までに当該登録の更新を申請しなければならない。

b 貸金業者向けの総合的な監督指針では、貸金業法第6条第1項第15号に規定する「貸金業を的確に遂行するための必要な体制が整備されていると認められない者」であるかどうかの審査に当たっては、登録申請書及び同添付書類をもとに、ヒアリング及び実地調査等により検証し、特に申請者の社内規則等は貸金業協会の自主規制規則と同等の社内規則等となっているか等の点に留意するものとされている。

c 貸金業の登録は、3年ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。

d 内閣総理大臣の貸金業の登録を受けた貸金業者は、貸金業の登録の更新を受けようとする場合、政令の定めるところにより15万円の手数料を納めなければならない。


① ab  ② ac  ③ acd  ④ bcd





 問題2 解答・解説

「貸金業の登録の更新」に関する問題です。
(第7版合格教本合格教本のP34参照)
(第6版の合格教本をお持ちの方は、P34参照)

<本問の解答方法>
 問題文aの内容が適切でないことがわかれば、aを含む選択肢①~③は誤りであり、正解は④であると判断できます。
 問題文aの内容は、過去の試験(平成21年度第4回試験・問題3の選択肢③)で問われているので、過去問を解いていれば正解に至ることができた問題です。


a:×(適切でない)
 貸金業の登録の
更新の申請は、貸金業の登録の有効期間が満了する日の2か月前までに行わなければなりません。本問は「有効期間満了の日までに」となっている部分が誤りです。


※ 第7版合格教本P34「(2)登録の有効期間と更新」参照。

b:○(適切である)
 監督指針では、貸金業法第6条第1項第15号に規定する「貸金業を的確に遂行するための必要な体制が整備されていると認められない者」であるかどうかの審査に当たっては、登録申請書及び同添付書類をもとに、ヒアリングおよび実地調査等により検証し、特に申請者の社内規則等は貸金業協会の自主規制規則と同等の社内規則等となっているか等の点に留意するものとされています。


c:○(適切である)
 
貸金業の登録の有効期間は3年です。3年ごとにその登録の更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失います。


※ 第7版合格教本P34「(2)登録の有効期間と更新」参照。

d:〇(適切である)
 登録の更新のうち
内閣総理大臣の登録の更新を受けようとする者は、政令の定めるところにより15万円の手数料を納めなければなりません。
 なお、登録のうち内閣総理大臣の登録を受けようとする者は、登録免許税法の定めるところにより15万円の登録免許税を納めなければならないとされています。



正解:④



Copyright(C) Makoto Tamura All Rights Reserved