貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2012/9/24
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成23年度試験(第6回)過去問


 問題5


貸金業者の禁止行為に関する次のa~dの記述のうち、その内容が適切なものの個数を①~④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

a 貸金業者は、その貸金業の業務に関し、資金需要者等に対し、虚偽のことを告げる行為をしてはならない。これに違反する行為は、貸金業法上、行政処分の対象となるが、刑事罰の対象とはならない。

b 貸金業者は、その貸金業の業務に関し、資金需要者等に対し、不確実な事項について断定的な判断を提供したり、又は確実であると誤認させるおそれのあることを告げる行為をしてはならない。これに違反する行為は、貸金業法上、行政処分の対象となるが、刑事罰の対象とはならない。

c 貸金業者は、その貸金業の業務に関し、保証人となろうとする者に対し、主たる債務者が弁済することが確実であると誤解させるおそれのあることを告げる行為をしてはならない。これに違反する行為は、貸金業法上、行政処分の対象となるが、刑事罰の対象とはならない。

d 貸金業者向けの総合的な監督指針では、貸金業法第12条の6第4号の規定は、貸金業者が業務を運営するに当たり不適切な行為を禁止するものであり、「偽りその他不正又は著しく不当な行為」に該当するかどうかは、個別の事実関係に則して、資金需要者等の利益を害する程度や業務の不適切性の程度を総合的に勘案して判断することとなるが、「不当な」行為とは違法な行為、「不正な」行為とは客観的に見て実質的に妥当性を欠く又は適当でない行為で、不当(違法)な程度にまで達していない行為をいうとされている。


① 1個    ② 2個    ③ 3個    ④ 4個





 問題5 解答・解説

「禁止行為」に関する問題です。
(第5版合格教本のP54参照)
(第4版の合格教本をお持ちの方は、P54参照)

※ 禁止行為が刑事罰の対象とならない場合については、第5版合格教本P54枠内の※印部分に記載しています。また、過去問集「貸金業務取扱主任者 ○×問題集+過去問題集 (らくらく突破)」のP65枠内では列挙しています。


a:×(適切でない)
 貸金業者は、その貸金業の業務に関し資金需要者等(顧客等または債務者等)に対して
虚偽のことを告げる行為は禁止されています。これに違反する行為は、行政処分(登録取消処分や業務停止処分、業務改善命令等のこと)の対象となるだけでなく、刑事罰を科されることがあります。


※ 第5版合格教本P54枠内「●禁止事項」の①前半部分に該当。

b:○(適切である)
 貸金業者は、その貸金業の業務に関し、資金需要者等に対し、不確実な事項について断定的な判断を提供したり、または確実であると誤認させるおそれのあることを告げる行為は禁止されています。これに違反する行為は、行政処分の対象となりますが、刑事罰の対象とはなりません


※ 第5版合格教本P54枠内「●禁止事項」の②に該当。

c:○(適切である)
 保証人となろうとする者に対し、
主たる債務者が弁済することが確実であると誤解されるおそれのあることを告げる行為は、禁止されています。これに違反する行為は、行政処分の対象となるが、刑事罰の対象とはなりません


※ 第5版合格教本P54枠内「●禁止事項」の③に該当。

d:×(適切でない)
 「不正な行為」とは、
違法な行為をいい、「不当な行為」とは、客観的に見て、実質的に妥当性を欠くまたは適当でない行為で、不正(違法)な程度にまで達していない行為をいいます。本肢は、「不正な」行為と「不当な」行為が逆になっているため、誤りです。


※ 第5版合格教本P54枠内「●禁止事項」の※印参照。


正解:②



Copyright(C) 2008-2017 Makoto Tamura All Rights Reserved