貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2013/8/24
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題38


Aは、B及びCとの間で、B及びCが連帯債務を負担する旨を約定して金銭消費貸借契約を締結し、Bに金銭を交付した。この場合に関する次の①~④の記述のうち、民法上、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。なお、Aは貸金業者ではないものとする。

① Aは、返済期日に、BもしくはCのいずれか1人に対し、又は同時にもしくは順次にB及びCに対し、全部又は一部の履行を請求することができる。

② Cが錯誤によりAに対して金銭消費貸借契約の無効を主張できる場合であっても、BがAに対して負う借入金返還債務は、その効力を妨げられない。

③ AとBとの間に混同があったときは、Bは、弁済をしたものとみなされる。

④ BがAに対してなした債務の承認に基づく時効の中断は、CがAに対して負う債務についてもその効力を生じる。





 問題38 解答・解説
「連帯債務」に関する問題です。
(第4版合格教本のP194・195参照)
 (第3版の合格教本をお持ちの方は、P188・189参照)


①:○(適切である)
 債権者は、連帯債務者の1人に対し、または同時にもしくは順次にすべての連帯債務者に対し、全部または一部の履行を請求することができます。


※ 第4版合格教本P194「②連帯債務」参照。

②:○(適切である)
 連帯債務者の1人に法律行為の無効や取消しの原因があっても、他の連帯債務者に影響せず、他の連帯債務者の債務はその効力を妨げられません。

※ 第4版合格教本P194「③1人に対して生じた事由の影響」の「(1)相対的効力(原則)」参照。

③:○(適切である)
 連帯債務者の一人と債権者との間に
混同があったときは、その連帯債務者は、弁済をしたものとみなされます。

※ 第4版合格教本P195「(2)絶対的効力(例外)」参照。

④:×(適切でない)
 連帯債務者の1人について生じた事由は、原則として他の連帯債務者に影響しません。1人の連帯債務者がした債務の承認は他の連帯債務者に影響せず、債務の承認に基づく時効の中断は他の連帯債務者が負う債務についてその効力を生じません。


※ 第4版合格教本P194「③1人に対して生じた事由の影響」の「(1)相対的効力(原則)」参照。


正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved