貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2013/8/31
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題48


貸金業法第13条第3項に規定する個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載した書面(以下、本問において「資力を明らかにする書面」という。)に関する次のa~dの記述のうち、その内容が適切なものを「正」とし、適切でないものを「誤」とした場合、その正誤の組み合わせとして適切なものを①~④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

a 給与所得の源泉徴収票には、所得控除の額の合計額とは別に生命保険料の控除額、地震保険料の控除額、及び住宅借入金等特別控除の額を記載する欄等がある。

b 青色申告決算書(一般用)における損益計算書には、売上(収入)金額、売上原価及びそれらの差引金額を記載する欄があり、当該差引金額から経費の合計を差し引くなどして所得金額が計算される。

c 根拠法令なく、行政サービスの一環として、地方公共団体が交付する所得・課税証明書は、資力を明らかにする書面に該当しない。

d 支払調書は、一般的に発行される直近の期間に係るものであれば、資力を明らかにする書面に該当する。

① a-誤 b-正 c-正 d-誤
② a-誤 b-誤 c-正 d-正
③ a-正 b-正 c-誤 d-正
④ a-正 b-誤 c-誤 d-誤





 問題48 解答・解説
「資力を明らかにする書面」に関する問題です。
(第5版合格教本のP319~P321参照)
 (第4版合格教本をお持ちの方は、P318・319、P321参照)

※ cとdの正誤が正確にわかれば、aとbの正誤がわからなくても解ける問題です。


a:○(適切である)
 給与所得の源泉徴収票には、所得控除の額の合計額とは別に生命保険料の控除額地震保険料の控除額、及び住宅借入金等特別控除の額を記載する欄等があります。


※ 第5版合格教本P319「▼給与所得の源泉徴収票」参照。

b:○(適切である)
 その通りです。

※ 第5版合格教本P320「(2)青色申告決算書における損益計算書」参照。

c:×(適切でない)
 所得・課税証明書は、法的根拠なく行政サービスの一環として地方自治体から交付されますが、資力を明らかにする書面に該当します。


※ 第5版合格教本P321枠内の⑨に該当。
※ 住民税等の課税に関する記載があるものを「課税証明書」といいますが、課税証明書に所得の内容が記載されていることもあり、課税証明書のことを「所得証明書」と呼ぶこともあります。市町村によって名称が異なります。
 「所得・課税証明書」と呼ぶ場合、その証明書が所得証明書になることは明らかです。

d:○(適切である)
 支払調書は、一般的に発行される直近の期間に係るものであれば、資力を明らかにする書面に該当します。


※ 第5版合格教本P321枠内の②に該当。


正解:③



Copyright(C) 2008-2017 Makoto Tamura All Rights Reserved