貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2014/10/26
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題15


貸金業者が貸金業の業務を第三者に委託する場合に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 貸金業者は、貸金業の業務を第三者に委託する場合において、当該業務の内容に応じ、貸金業者の業務の健全かつ適切な運営を確保し、当該業務に係る資金需要者等の保護を図るため必要があるときには、当該業務の委託に係る契約の変更又は解除をする等の必要な措置を講ずるための措置を講じなければならない。

② 貸金業者は、貸金業の業務を第三者に委託する場合には、当該業務の内容に応じ、受託者が行う当該業務に係る資金需要者等からの苦情を適切かつ迅速に処理するために必要な措置を講じなければならない。

③ 貸金業者は、その取り扱う個人である資金需要者等に関する情報の安全管理、従業者の監督及び当該情報の取扱いを第三者に委託する場合には、その委託先の監督について、当該情報の漏えい、滅失又はき損の防止を図るために必要かつ適切な措置を講じなければならない。

④ 貸金業者は、貸金業の業務を第三者に委託する場合において、受託者が当該業務を適切に行うことができない事態が生じたときには、資金需要者等の保護の観点から、他の適切な第三者にさらに当該業務を委託することはできないため、貸金業者が自ら直ちに当該業務を引き継ぎ、当該業務を遂行するために必要な措置を講じなければならない。





 問題15 解答・解説
「業務運営措置(業務の第三者への委託)」に関する問題です。
(第4版合格教本のP52・53参照)
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P52参照)


①:〇(適切である)
 本肢の通りです。


※ 第4版合格教本P53「(5)委託業務の的確な遂行を確保するための措置」の⑤参照。

②:〇(適切である)
 本肢の通りです。

※ 第4版合格教本P53「(5)委託業務の的確な遂行を確保するための措置」の③参照。

③:〇(適切である)
 本肢の通りです。


※ 第4版合格教本P52「(2)個人の資金需要者等に関する情報の安全管理措置等」参照。

④:×(適切でない)
 受託者が当該業務を適切に行うことができない事態が生じた場合には、他の適切な第三者に当該業務を速やかに委託する等、当該業務に係る資金需要者等の保護に支障が生じること等を防止するための措置を講じなければなりません。
 本肢は、「他の適切な第三者にさらに当該業務を委託することはできない」としている点が誤りです。


※ 第4版合格教本P53「(5)委託業務の的確な遂行を確保するための措置」の④参照。


正解:④



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved