貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2020/2/11
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」


Amazon:合格教本


過去問題集

Amazon:過去問題集


予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ




※ 法改正により問題及び解説を変更しました。

 問題31 改題


時効の完成猶予及び更新に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 時効の更新の効力を生ずべき承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限があることを要する。

② 催告があったときは、その時から3か月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

③ 再生手続参加は、債権者がその届出を取り下げ、又はその届出が却下されたときであっても、時効の更新の効力を生じる。

④ 支払督促は、債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないことによりその効力を失うときは、時効の更新の効力を生じない。





 問題31 解答・解説
「時効」に関する問題です。
(第7版合格教本のP176参照)
(第6版の合格教本をお持ちの方は、P178参照)


①:×(適切でない)
 時効の更新の効力を生ずべき承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないことまたは権限があることを要しません

※ 第7版合格教本P176の表「▼完成猶予または更新の事由」の⑥参照。また、「※⑥の承認~」を参照。

②:×(適切でない)
 催告があったときは、その時から
6かを経過するまでの間は、時効は、完成しません(時効の完成猶予)。

※ 第7版合格教本P176の表「▼完成猶予または更新の事由」の④参照。

③:×(適切でない)
 再生手続参加の事由がある場合、確定判決と同一の効力を有するものによって権利が確定したときは、時効は、その事由が終了した時から新たにその進行を始める(時効の更新の効力が生じる)とされています。
 そのため、再生手続参加は、債権者が
その届出を取り下げ、またはその届出が却下された場合は、時効の更新の効力を生じません

 なお、再生手続参加は、その届出を取り下げ、またはその届出が却下された場合でも、時効の完成猶予の効力は生じます。


※ 第7版合格教本P176の表「▼完成猶予または更新の事由」の①参照。また、「※①の場合~」を参照。

④:〇(適切である)
 支払督促の事由がある場合、確定判決と同一の効力を有するものによって権利が確定したときは、時効は、その事由が終了した時から新たにその進行を始める(時効の更新の効力が生じる)とされています。そして、仮執行宣言を付した支払督促について督促異議の申立てがない場合に、その支払督促は確定判決と同一の効力を有するものとされます。
 そのため、仮執行宣言が付されなければ、確定判決と同一の効力を有することはなく、時効の更新の効力を生じません。
 本肢のように、
債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしない場合、支払督促は、その効力を失うため、時効の更新の効力を生じません。

 なお、支払督促の手続きが途中で終了した場合、その終了の時から6か月を経過するまでの間は、時効は、完成しません(時効の完成猶予)。

※ 第7版合格教本P176の表「▼完成猶予または更新の事由」の①参照。また、「※①の場合~」を参照。


正解:④



※ 参考までに、以下に、本試験問題を原文のまま掲載しました。
 通常は読む必要はありません。


平成25年度試験・問題31

時効の更新に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 時効の更新の効力を生ずべき承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力又は権限があることを要する。

② 催告は、3か月以内に、裁判上の請求、和解の申立て、民事調停法もしくは家事事件手続法による調停の申立て、差押え、仮差押え又は仮処分をしなければ、時効の中断の効力を生じない。

③ 再生手続参加は、債権者がその届出を取り下げ、又はその届出が却下されたときであっても、時効の中断の効力を生じる。

④ 支払督促は、債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないことによりその効力を失うときは、時効の中断の効力を生じない。




Copyright(C) Makoto Tamura All Rights Reserved