貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2014/10/28
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題34


AはX県に住居を有する個人であり、BはX県の遠隔地にあるY県に住居を有する個人である。Aは、Bがその所有する絵画(以下、本問において「絵画」という。)の売却を希望していることを雑誌で知り、絵画を購入しようとしている。この場合に関する次の①~④の記述のうち、民法上、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① Aは、承諾の通知を必要としない旨を表示して絵画を購入する旨の申込みの通知をBに発送し、当該通知はBに到達した。この場合、AとBとの間の契約は、Bによる承諾の意思表示と認めるべき事実があった時に成立する。

② Aは、絵画を購入する旨の申込みの通知をBに発送し、当該通知はBに到達したが、Aは、当該通知がBに到達する前に死亡していた。この場合、BがAの死亡の事実を知っていたか否かにかかわらず、Aによる絵画を購入する旨の申込みは、その効力を失う。

③ Aは、絵画をAの自宅に配達してもらう条件で絵画を購入する旨の申込みの通知をBに発送し、当該通知はBに到達した。これに対し、Bは、Aが絵画を受け取りに来るという条件であればAに絵画を売却する旨の通知をAに発送し、当該通知はAに到達した。この場合、Bの通知がAに到達した時点で、Bが付した条件による売買契約が成立する。

④ Aは、承諾の期間を定めて絵画を購入する旨の申込みの通知をBに発送し、当該通知はBに到達したが、Bは、当該承諾の期間を過ぎても承諾の通知をAに発送しなかった。この場合、Aによる絵画を購入する旨の申込みは、その効力を失わない。





 問題34 解答・解説
「契約の成立」に関する問題です。
(第4版合格教本のP160参照)
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P156参照)


①:〇(適切である)
 
申込者の意思表示または取引上の慣習により承諾の通知を必要としない場合には、契約は、承諾の意思表示と認めるべき事実があった時に成立します。


②:×(適切でない)
 隔地者に対する意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、または行為能力を喪失したときであっても、原則として、その効力を妨げられません。ただし、契約の申込みについては、その相手方が申込者の死亡もしくは行為能力の喪失の事実を知っていた場合には、その効力を失います。
 本肢は、「死亡の事実を知っていたか否かにかかわらず」となっている部分が誤りです。


③:×(適切でない)
 契約は意思表示の合致によって契約が成立します。
「絵画をAの自宅に配達してもらう条件で絵画を購入する」旨のAによる申込みと、「Aが絵画を受け取りに来るという条件であればAに絵画を売却する」旨のBによる承諾は、意思表示が合致しているとはいえないため、契約は成立しません。
 なお、承諾者が、申込みに条件を付し、その他変更を加えてこれを承諾したときは、その申込みの拒絶とともに新たな申込みをしたものとみなされます。

※ 第4版合格教本P160「①契約の成立」参照。

④:×(適切でない)
 承諾の期間を定めて契約の申込みをした場合において、期間内に承諾の通知を受けなかったときは、その申込みは、その効力を失います。



正解:①



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved