貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2016/10/23
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題43


個人情報の保護に関する法律に規定する個人情報取扱事業者についての次のa~dの記述について、その内容が適切なものを「正」とし、適切でないものを「誤」とした場合、その正誤の組み合わせとして適切なものを①~④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

a 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下、本問において「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。また、個人情報取扱事業者は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。

b 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合、取得の状況から見て利用目的が明らかであると認められるときであっても、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。

c 事業者が、自己の作成に係る個人情報データベース等を事業の用に供している場合において、当該個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数の合計が過去6か月以内のいずれかの日において5,000を超えるが、他の日においては5,000を超えないときには、当該事業者は、個人情報取扱事業者としての義務を負わない。

d 個人情報取扱事業者は、原則として、合併その他の事由により他の個人情報取扱事業者から事業を承継することに伴って個人情報を取得した場合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、承継前における当該個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、当該個人情報を取り扱ってはならない。


① a-正   b-誤   c-誤   d-正
② a-誤   b-正   c-誤   d-誤
③ a-正   b-誤   c-正   d-正
④ a-正   b-誤   c-正   d-誤





 問題43 解答・解説
「個人情報保護法」に関する問題です。
(第4版合格教本のP291、P292、P290参照)
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P285、P286、P265参照)


a:〇(適切である)
 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用目的をできる限り特定しなければなりません。また、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはなりません。


※ 第4版合格教本P291「③利用目的」参照。

b:×(適切でない)
 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければなりません。ただし、取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合には、本人への通知・公表は不要です。

※ 第4版合格教本P292「(2)取得に際しての利用目的の通知等(法18条)」関連。
」参照。

c:×(適切でない)
 「個人情報取扱事業者」とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者をいいます。ただし、個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数の合計が
過去6か月以内のいずれの日においても5,000を超えない者は、「個人情報取扱事業者」から除かれるとされています。
過去6か月以内に1回でも5,000を超える場合は「個人情報取扱事業者」から除かれないため、個人情報取扱事業者としての義務を負います。


※ 第4版合格教本P290の表「▼定義(ガイドラインを含む)」参照。

d:〇(適切である)
 個人情報取扱事業者は、原則として、合併その他の事由により他の個人情報取扱事業者から事業を承継することに伴って個人情報を取得した場合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、承継前における当該個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、当該個人情報を取り扱ってはなりません

※ 第4版合格教本P291「(2)利用目的による制限(法16条)」参照。


正解:①



Copyright(C) 2008-2016 Makoto Tamura All Rights Reserved