貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2018/7/9
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」



Amazon:合格教本


過去問題集


Amazon:過去問題集


予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道







 問題17


貸金業法第10条(廃業等の届出)に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 法人である貸金業者が、合併により消滅した場合においては、合併により存続する法人を代表する役員は、その日から30日以内に、その旨をその登録をした内閣総理大臣又は都道府県知事(以下、本問において「登録行政庁」という。)に届け出なければならない。

② 法人である貸金業者が、合併及び破産手続開始の決定以外の理由により解散をした場合においては、その清算人は、その日から30日以内に、その旨を登録行政庁に届け出なければならない。

③ 個人である貸金業者が死亡した場合においては、その相続人は、貸金業者が死亡した事実を知った日から30日以内に、その旨を登録行政庁に届け出なければならない。

④ 個人である貸金業者が死亡した場合においては、相続人(唯一の相続人であるものとする。)は、被相続人の死亡後60日間(当該期間内に貸金業法第6条第1項の規定による登録の拒否の処分があったときは、その日までの間)は、引き続き貸金業を営むことができる。





 問題17 解答・解説

 「廃業等の届出」に関する問題です。
(第5版合格教本のP36参照)
(第4版の合格教本をお持ちの方は、P36参照)


①:×(適切でない)
 廃業等の届出事由(貸金業者の死亡、合併による消滅、破産、法人の解散、貸金業の廃止)が生じた場合には、届出義務者はその日から
30日以内(貸金業者の死亡の場合には、その死亡の事実を知った日から30日以内)に、その旨を登録行政庁に届け出なければならないとされています。
 貸金業者である
法人が合併により消滅した場合には、その法人を代表する役員であった者(つまり消滅する法人を代表していた役員)が30日以内に届け出なければなりません。本問は、「合併により存続する法人を代表する役員は」となっている部分が誤りです。


※ 第5版合格教本P36「(1)届出事由と届出義務者」参照。
 P36の表「▼廃業等の届出における届出義務者」の②に該当。

②:○(適切である)
 貸金業者である法人が解散をした場合(合併及び破産手続開始の決定を除く)には、清算人30日以内に届け出なければならなりません。

※ 第5版合格教本P36の表「▼廃業等の届出における届出義務者」の④に該当。

③:○(適切である)
 個人である
貸金業者が死亡した場合には、その相続人は、貸金業者が死亡した事実を知った日から30日以内に、その旨を届け出なければなりません。


※ 第5版合格教本P36の表「▼廃業等の届出における届出義務者」の①に該当。

④:○(適切である)
 個人である貸金業者が死亡した場合、相続人(相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により事業を承継すべき相続人を選定したときは、その相続人)は、被相続人の
死亡後60日間(当該期間内に登録の拒否の処分があったときは、その日までの間)は、引き続き貸金業を営むことができます。


※ 第5版合格教本P36「(1)貸金業者死亡後の業務」参照。


正解:①



Copyright(C) Makoto Tamura All Rights Reserved