貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイト
最終更新日 2010/11/23
貸金業務取扱主任者.com
Top page
Contents menu
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトのご利用案内
貸金業務取扱主任者資格試験の概要
貸金業法・出資法・利息制限法等
取引に関する法令・実務(民法・民事訴訟法・倒産法等)
資金需要者等の保護(個人情報保護法・消費者契約法等)
貸金業務に関する財務・会計
過去問題集
貸金業務取扱主任者資格試験のリンク集
貸金業務取扱主任者資格試験の攻略サイトの更新情報
管理者紹介
法律系資格総合サイト

テキスト
「合格教本」





過去問題集



予想問題

第1回~第5回

Contact us

貸金業務取扱主任者資格試験攻略に関するお問い合わせ


貸金試験ブログ
貸金業務取扱主任者
資格試験 合格への道





平成22年度試験(第5回) 過去問


 問題5


次の文章は、「貸金業者向けの総合的な監督指針」の「Ⅱ.貸金業者の監督に当たっての評価項目」における「Ⅱ-2 業務の適切性」のうち「Ⅱ-2-9 禁止行為等」についての記述の一部である。(    )の中に当てはまる字句の組み合わせを①〜④の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

 貸金業法第12 条の6第4号の規定は、貸金業者が業務を運営するに当たり不適切な行為を禁止するものであり、「偽りその他( ア )又は著しく(  イ )な行為」に該当するかどうかは、個別の事実関係に則して、( ウ )の利益を害する程度や業務の不適切性の程度を総合的に勘案して判断することとなるが、例えば、貸金業者が次のような行為を行う場合は、当該規定に該当するおそれが大きいことに留意する必要がある。なお、「( ア )な」行為とは違法な行為、「( イ )な」行為とは客観的に見て、実質的に妥当性を欠く又は適当でない行為で、( ア )(違法)な程度にまで達していない行為をいう。

契約の締結又は変更に際して、次に掲げる行為を行うこと。
a.白紙委任状及びこれに類する書面を徴求すること。
b.白地手形及び白地小切手を徴求すること。
c.印鑑、預貯金通帳・証書、( エ )、運転免許証、健康保険証、年金受給証等の債務者の社会生活上必要な証明書等を徴求すること。
(以下略)


① ア 不正 イ 不当 ウ 資金需要者等 エ キャッシュカード
② ア 不当 イ 不法 ウ 顧客等      エ 源泉徴収票
③ ア 不正 イ 不当 ウ 顧客等      エ キャッシュカード
④ ア 不法 イ 不正 ウ 資金需要者等 エ 源泉徴収票





 問題5 解答・解説

 「禁止行為」に関する問題です。
 (第4版合格教本のP54・55参照)
 
(第3版の合格教本をお持ちの方は、P53・54参照)


 「不正な」行為とは違法な行為、「不当な」行為とは客観的に見て、実質的に妥当性を欠くまたは適当でない行為で、不正(違法)な程度にまで達していない行為をいいます。そのため、(ア)には「不正」が入り、(イ)には「不当」が入ります。

※ 第4版合格教本P54枠内「●禁止事項」参照。
※ 過去問(平成21年度第2回試験・問題21の選択肢1)の内容。

 次に(ウ)の部分について、顧客等に限定する必要はありませんので、(ウ)には「資金需要者等」が入るであろうと判断できます。

※ 貸金業法等では、資金需要者等の利益の保護を図ることを重視しています!
  第4版合格教本P18「貸金業法の目的」や第3回試験問題1参照。

 以上により、①が正解であると判断できます。


<おまけ>
(エ)の部分について
 源泉徴収票とキャッシュカードのどちらが生活に必要かといえば、キャッシュカードですね。キャッシュカードは債務者が普段も使うものですから、貸金業者に持って行かれては困ります。
 (エ)には「キャッシュカード」が入るであろうと判断できます。


※ 第4版合格教本P55「(3)禁止事項④の具体例」参照。


正解:①



Copyright(C) 2008-2015 Makoto Tamura All Rights Reserved